屋号の「UNLEARN(アンラーン)」という言葉は、今から約80年前ヘレン・ケラーがアメリカで、当時学生であった鶴見俊輔さんに語った言葉です。彼女は「自分は大学で多くのことを『まなんだ』(LEARNした)が、それからあとたくさん『まなびほぐさ』(UNLEARNし)なければならなかった」と言いました。
それはちょうど、型どおりのセーターをまず編み(LEARN)、次に、もう一度もとの毛糸にもどしてから、こんどは自分の体型にあわせて編みなおす(UNLEARN)ことと言えるでしょうか。
私は、その精神を自分の本屋の根もとに置きたいと考え、屋号にしました。

そしてロゴは、広島県出身の新進気鋭の絵本作家・長田真作さんにお願いしてデザインしてもらいました。それに、福山市内の20代女性デザイナーが字を入れて完成しました。「UNLEARN」(学びほぐす)ことが、よく表されています。
屋号・ロゴともに、この本屋の進むべき道を照らし出してくれていると思います。